Clavis Argenteus Blog

絶賛放置中?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蕩れ

「流行るといいよな・・・ 戦場ヶ原蕩れ」


久しぶりにアニメ雑感なんて書いてみたいと思います。何年ぶりになるんだろう。
 
化物語  第伍話 「まよいマイマイ 其ノ參」

とりあえず第一話からも含めて大雑把な感想を言いますと

「新房監督」

これに尽きることでしょう。

構図の撮り方や光の入れ方、画面のデザインが特徴的で面白いです。

・・・面白いのですが、「質」の面で言えば、本当に残念なことなのですが、悲惨といってしまっても差しさわりがないように思えます。

背景や3DCGはデザインや構図に助けられることもあってそれほどあらが目立たないのですが、動画の部分の作画の崩れが凄まじいです。

動画の量で見ても、顔アップからの絵などではかなりウネウネ動いて見ていて感心するシーンもあるのですが、全体的に見て静止画の一部分だけが微妙に動くようなものが圧倒的に多いです。

にもかかわらず作画総崩れ状態・・・スタッフを見る限り、純国産で制作されているようなのですが、これでは日本のアニメは将来本当に大丈夫なのか心配になってきます・・・。

ただ、よくよく見返してみるとあまり枚数は多くないんじゃないかな、と感じられるのですが、初見ではそんなこと全く感じさせず、新鮮な気持ちで見れるようになっているあたり新房監督さすがといったところでしょうか。

あとは作画がよければ言う事ないのに・・・本当に残念。

細かいところですが一例を挙げると

s-b05a.jpg

黒人間部分ももうちょいうまく描いて欲しいし、左から右に画面がうごいているのに、黄色のレールと青のレールが同じ速度でスクロールしていくのです・・・。
これが別々にちゃんと動いてくれていれば不自然さが消えるのになあ。












まぁえらそうなこと書きましたが、結局は化物語相当面白いです。

5話分でいえば、最後の台詞

「流行るといいよな・・・ 戦場ヶ原蕩れ」

そしてこの表情
s-b05b.jpg


これだけでもうなんというかくぁwせdrftgyふじこlp

え?それでいいの戦場ヶ原さん!?w

ひたぎかわいいよひたぎ








最後の台詞回しがあまりにもツボにはまったので、いっちょ明日原作全部買ってきたいと思います。


スポンサーサイト
  1. 2009/08/02(日) 00:21:04|
  2. アニメ
  3. | コメント:0

BUBBAさんのハルヒバニーをこなたが・・・

らき☆すた第15話より。

20070717011634.jpg


これはどう見てもサイコロキャラメルのBUBBAさんが去年のWHF神戸で出したハルヒバニーじゃないですか!

完成品で出てないはずだからこれはこなたが自分で作ったって事ですか。

しかも網タイツまで貼ってるっぽいですね。

こなたSUGEEEEEE!!
  1. 2007/07/17(火) 01:20:38|
  2. アニメ
  3. | コメント:0

らき☆すたから見る日本のアニメ事情と今後への期待

 

久しぶりの更新になりますね・・・。

あまりにも放置しすぎました。



今回はいちアニメファンとして、らき☆すたについて思うことを少し書き綴ろうかと。

少し・・・じゃないか。長文でごめんなさい。





「アニメーション」というものを構成する最も重要なものは当たり前ですが”動画”です。

今では動画部分をすべてCGで製作しているようですが、要するに1コマ1コマの静止画を連続して流すことで動画を作成するわけです。

この動画作成というものだけは最新技術や特殊効果でどうにかできるものでもなく、いわゆる「職人の技」がなければいいものはできないものです。

世界的に見れば、一世紀近くもアニメーションを作り続けてきたウォルト・ディズニー社の技術が世界最高峰ですが(アニメ全体の好き嫌いはともかく、あくまで動画作成の技術においては ということです。念のため)

日本でも1960~1970年代にはアニメーターさんたちもたくさんいて、この動画作成技術も世界的に見てもトップレベルの水準に達していました。

しかし日本のアニメというのはありえないぐらいの低予算で制作されており、現在では脚本や作画監督はしていても肝心の動画作成は海外・特に韓国へ丸投げというところがほとんどのようです。

そりゃいくら日本人の技術が高かろうとも、何十年もの間日本の何百倍も予算が出ているディズニー社にはなかなか追いつけないですよね・・・。


BLACK LAGOONやDEATH NOTE、最近ではクレイモアなどを制作しているマッドハウスは、よく動くアニメらしいアニメで最近話題を集めています
が、スタッフロールを見ると動画にも背景にも韓国丸投げの様子がよくわかり、EDを見るたびにある意味とても切ない気持ちにさせてくれます。

宮崎駿監督が死んでしまったら日本のアニメ技術は完全に海外に流失してゆくゆくは死に絶えてしまうんだろうな・・・と思っていました。



さて、ここでらき☆すた。(=ω=.)


角川がらみの話題やOPED、仕込まれたネタなどに目がいってしまい、批判賞賛などもその辺に焦点が当たっているところがほとんどのようです。

もちろんその辺についても後述しますが、自分はまず最初に語るべきはこの「動画」であると思っています。

参考資料としてRAKI☆TUMA(ニコニコ動画)を置いておきます。ステ6にもUPされていたようですが見つからず・・アカウント持ってない人申し訳ない。

ここまで読んでくれていればわかると思いますが、らき☆すたという作品は近年稀に見る出来の「動画」じゃないでしょうか。

同じ場面を繰り返し再生しても違和感を感じる箇所がありません。

たとえば目や口だけを動かすのではなく、1コマ1コマで顔の輪郭や服のしわの位置、髪の毛の流れなどに微妙な変化をつけることでそのキャラクターを崩すことなく自然な動きに見えるようになっています。

こういうのってやっぱり「職人技」ですよね。素人や機械じゃどうがんばっても出来ないことだと思います。

京アニは作画を自分のところでやっているようですから日本にもまだジブリ以外に職人さんがいたんだなぁ と感激です。

背景はどうやら外注のようですが・・・。よく見たら塗り残しがあったりw

ただ、それでも一場面ごとにみる画面の構成もかなり計算されているようなので(たとえば上の動画でみゆきがドアを開ける場面に微妙な角度をつけて視覚効果を高めていたり、とか)某○だまり○ケッチと違って背景の拙さはほとんど気にならないで見ることが出来ます。



続いてネタ的なものや京都アニメーションとしての戦略性について。

最初に京アニがらき☆すたを作ると聞いたときは「は?なんでらきすた??」と思っていたのですが、毎週見ておきながら周囲やネットの反応などをみると「なるほど」と深く納得です。


前述したとおりに日本のアニメは制作費が非常に少ないです。

ここからは個人的な推論の域を出ませんが、「アフレコ時にはすべての動画が出来上がっている」という逸話を踏まえたうえで考えると、コンプ他の角川系列の宣伝ネタを仕込むことで制作が控えている、もしくはもう制作が始まっているであろう同じ角川系列のハルヒ二期への制作費確保になっているんじゃないかと。

ハルヒのヒットで原作の売り上げがものすごいことになったのは周知の事実ですし、ハルヒ二期は角川としてもコケさせるわけにはいかないと思っているでしょうし、ここまで前面に角川を出してくるのはどうもハルヒが絡んでるんじゃないかなぁ・・と。


そして先ほど動画の話をしましたが、らき☆すたがいくらすごいといっても等身が低く線も少ないので、それほどの手間はかかってないと思います。

これはおそらく裏で「CLANNAD」の制作を進めているんじゃないかなと思ってしまうわけです。


また、京アニが割と原作に忠実にアニメを作るという点でもらきすたという作品はうってつけでして、原作が4コマなためにストーリー構成などをあれこれ思い悩む必要もなさそうですし、原作+ネタであれば原作ファンからもそんなにアンチは沸かないんじゃないか・・と。

そしてここで「原作に忠実」というイメージをブラフにいつかとんでもないどんでん返しをする作品が出てくるんじゃないかなとかも深読みしてしまったりw

あとはその職人技の生きたOPや数々のパロネタである程度の話題性が出てくれば・・・・


角川、ハルヒ、クラナド、話題性、原作に忠実。

点と点が線になって「らき☆すた」という作品像が見えるような気がするんですがいかがなものか。



あぁあともうひとつ。

声優についてはあまり詳しくないんで多くは語りませんが・・・

ハルヒ&らき☆すたの声優ってどーもあのアーツ騒動を見越してのように思えるんですが・・・。

各所で暴露話が乱発して声優界オワタ\(^o^)/状態なのに京アニ勢はほとんど無傷って出来すぎじゃないですか・・・。



ハルヒ二期かどうかはわかりませんが、次に来るであろう角川系列作品の京アニでのアニメ化に期待しつつらきすたについてはここで筆置く。







次回は精霊の守り人とグレンラガンについて考察しましょうかねぇ。

批判するのは好きじゃないからなのははもういいや('A`)
  1. 2007/06/15(金) 21:55:26|
  2. アニメ
  3. | コメント:0

魔砲・・・魔法少女リリカルなのはA's

すいませんだいぶ間があきました。

遅らせながらもA'sの感想をば

[魔砲・・・魔法少女リリカルなのはA's]の続きを読む
  1. 2006/10/21(土) 05:15:09|
  2. アニメ
  3. | コメント:0

リリカルなのは

魔法少女リリカルなのは

第一期全部見終わりました。


20060917094632.jpg



[リリカルなのは]の続きを読む
  1. 2006/09/17(日) 10:13:08|
  2. アニメ
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Clavis

Author:Clavis
むぅ・・・やりたいことが多すぎるぅ。

日記はMixiメインで更新中です。

アニメレビューなどはこちらで書いております。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンタ

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。